感染症対策事例紹介

事例7:教育・学習支援業

IBCアカデミー(伊勢崎市)

IBCアカデミー(伊勢崎市)

ibc10
ibc1
ibc2
ibc3
ibc4
ibc5
ibc6
ibc7
ibc9
ibc11
ibc14
ibc16
ibc17
ibc15
ibc18
ibc19
ibc8
previous arrow
next arrow

「IBCアカデミー」は、群馬県伊勢崎市の介護研修施設。
感染症対策実証実験事業に参加していただいた同施設教育事業部長の
岸川 和代さんにコメントをいただきました。

・今回の事業に期待していたこと

研修施設として福祉に関わる方が多くいらっしゃいます。
当施設としても、どの程度の感染症対策ができているのかを知るために参加いたしました。

・以前から取り組んでいた感染防止対策

サーキュレーターによる換気、手指の消毒や非接触の検温、パーテーションの設置を行っておりました。
また、何かに触れるということが感染症対策として好ましくないと考え、施設設備の自動化を進めております。

・事業実施の感想・様子

施設の感染症対策について理解を深めたいと考えておりましたので、今回の事業に参加して良かったです。

・事業実施結果(レポート内容)について

感染リスクは少ないということで、ひとまず安心しました。

・新たに取り組んでいる感染防止対策

改善策の提案を受けて、大きなパーテーションの設置、サーキュレーターの増設、消毒の徹底や密を避けるなどの対策を進めております。
施設設備の自動化も更に進めています。

・今後の対策や施設運営に関わる感染対策に向けたコメント

福祉に携わる方が集まる施設なので、これからも感染予防を強く意識していきたいと思います。